JCCA 日本クレジットカード協会

日本クレジットカード協会(Japan Credit Card Association)は
クレジットカード社会の健全な発展を目的に、銀行系クレジットカード会社によって設立された協会です

トップサイトマップ
文字サイズの変更
小
中
大
協会の概要消費者の皆様へクレジットカード取扱加盟店の皆様へクレジットカード会社の皆様へ地球にいいこと、Web明細。「安心」「スマート」リボ払いクレジットカード情報の保護(流出防止)について
トップページ / ICクレジットカードに関する消費者意識調査
ICクレジットカードに関する消費者意識調査
 2015年11月30日
各位
日本クレジットカード協会
 
ICクレジットカードに関する消費者意識調査
暗証番号入力によるICクレジットカード利用の浸透
 
銀行系クレジットカード会社で組織されている日本クレジットカード協会(略称JCCA、会長 浜川一郎 株式会社ジェーシービー代表取締役兼執行役員社長)は、クレジットカードの安全性やICクレジットカードに関する消費者の志向・意識を探るため、インターネットによる調査を行いました。
 
その結果、クレジットカード保有者の中でのICクレジットカード保有率は71%にのぼり、ICクレジットカードが広く浸透していることがうかがえます。
 
また、ICクレジットカード保有者における自身の暗証番号の認知率は67%にのぼり、「何となく覚えている人」も合わせると認知率は9割(88%)近いことがわかり、更に、暗証番号入力の必要性については、8割強(83%)が「安全性を重視すると必要だと思う」と回答していることから、暗証番号の必要性が浸透してきていることがうかがえます。
 
一方、ICクレジットカード保有者で「暗証番号」照会方法の認知者は約6割(60%)となり、具体的な方法としては「カード会社WEBサイトからの照会申請」、並びに「カード会社への電話申請」は約4割(38%)認知されておりますが、更に業界として取組を進めて行く必要があることもわかりました。
 
現在、関連業界では、ICクレジットカード対応端末やクレジットカードのIC化を2020年の東京オリンピック開催に向け普及を図っておりますが、これと並行して、ICクレジットを利用する消費者が暗証番号入力を円滑に行えるよう、一層注力してまいります。
 
【調査対象】20歳〜69歳の男女(クレジットカード保有者のみ)

【調査地域】全国

【調査方法】インターネット調査

【抽出方法】(株)日経リサーチ提携モニターより、性・年代ごとに無作為抽出
クレジットカード保有者の性年代構成比になるようにサンプル割り当て

【回収サンプル数】2,066サンプル

【調査時期】2015年7月9日〜13日

【調査実施機関】株式会社日経リサーチ


主な調査結果は、以下のとおりです。
 
○ICクレジットカードの認知・所有状況(図表 1)
ICクレジットカードの保有者は全体の71%、更に、保有者に「持っていないが、知っている」と加えたICクレジットカードの認知度は、83%にのぼっております。
 
○ICクレジットカードの暗証番号(図表 2)
ICクレジットカード所有者に、ICクレジットカードの暗証番号を覚えているかをたずねたところ、「暗証番号認知者」は67%にのぼり、「何となく覚えている人」も合わせると認知率は88%となります。また『ICクレジットカードを保有しているヘビー利用者』は「確かに覚えている」が79%を超え、ICクレジットカード利用が多い人の方が暗証番号を覚えていることが分かります。
 
○ICクレジットカードの評価(図表 3)
ICクレジットカード保有者にICクレジットカードの魅力をたずねたところ、「カードの偽造が困難である」「紛失・盗難にあっても不正使用されにくい」「磁気式クレジットカードよりもセキュリティが充実」といった項目への回答が多く、セキュリティ面に対する評価が高い傾向があります。また約7割の方から「暗証番号入力によりサインが不要である」ことに対しても評価いただいております。また、全体的に利用金額のライト利用者よりヘビー利用者の方がICクレジットカードの特徴を高く評価いただく傾向がみられます。
 
○暗証番号取引の魅力的な点と煩わしい点(図表 4)
暗証番号取引の魅力的な点は、「サインが不要である」というメリット以外に、「カードを偽造されにくい」「カードを悪用されにくい」という安全性のメリットも好評価との傾向がみられます。
また、煩わしい点は、「他人に暗証番号を覗き見されないか不安」が39%と高い傾向がみられます。
 
○暗証番号照会申請の認知(図表 5)
暗証番号照会申請の認知率は60%と半数を超えているものの、引き続き「いずれも知らない」が39%となっており、暗証番号の照会方法の認知が進んでいない傾向が見られます。
 
当協会では、クレジットカードシステムの信頼性・安全性向上を図るべく、ICクレジットカードのインフラ整備を積極的に推進しております。今回の消費者意識調査の結果を踏まえ、「安心・安全」なクレジットカード社会の発展に向け、当協会は一層注力してまいります。
 
尚、詳細な調査結果が必要な方は、下記当協会ホームページよりダウンロードが可能です。
 
以上
 
<本件に関する照会先>
日本クレジットカード協会 東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル1階
電話:03−6738−6621(担当:山口、菱沼)
ホームページ:http://www.jcca-office.gr.jp

ICクレジットカードに関する調査【結果報告書】はこちら

【図表1】


【図表2】


【図表3】

【図表4】

【図表5】

【図表6】