日本クレジットカード協会(Japan Credit Card Association)は
クレジットカード社会の健全な発展を目的に、銀行系クレジットカード会社によって設立された協会です

協会の概要消費者の皆様へクレジットカード取扱加盟店の皆様へクレジットカード会社の皆様へ地球にいいこと、Web明細。「安心」「スマート」リボ払いクレジットカード情報の保護(流出防止)について
トップページ / クレジットカード取扱加盟店の皆様へ / クレジットカードお取り扱いにあたってのご注意
クレジットカード取扱加盟店の皆様へ クレジットカード取扱加盟店の皆様へ
クレジットカード取扱加盟店の皆様へ
クレジットカードお取り扱いにあたってのご注意

売上票のクレジットカード番号非表示化について

  • 当協会ではクレジットカード番号等の滅失・漏えい、及びそれに起因する不正使用防止の観点より、共同利用
    端末の売上票における会員番号非表示化を推奨しております。
  • 割賦販売法でもクレジットカード番号等の安全な管理について定められており、平成27年7月3日に経済産業省より公表された同法改正に関する報告書(※)には、 今後、加盟店様に対しても、クレジットカード番号等の安全な管理が求められる旨が記載されています。
    (※)「産業構造審議会 商務流通情報分科会 割賦販売小委員会 報告書」
  • 加盟店の皆様におかれましても、売上票における会員番号非表示化へのご協力をお願いいたします。
  • なお、方法等詳細につきましては、ご契約のカード会社にお問い合わせください。

<JCCA推奨 売上票非表示化の例>
会員控え(下4桁のみ表示)xxxx-xxxx-xxxx-1234
加盟店控え、カード会社控え(下3桁のみ非表示) 1234-5678-9012-3xxx

クレジットカード情報の取り扱いに関するお願い

1.クレジットカード情報を収集・保管する際の留意点 

  • カード売上票には、お客様にサイン以外のカード取引に必要のない個人情報(電話番号など)をご記入いただかないようにして下さい。
  • 不必要なクレジットカード情報などは、保存しないで下さい。
  • カード会社への請求データの作成など、クレジットカード取扱い業務に必要な範囲でクレジットカード情報を含む
    データを作成する場合は、必要最小限の保存期間を設定したうえで、データの厳正な保管に努めて下さい。
  • データ化した情報をCD−R、USBメモリなどの外部記録媒体に保存する場合は、パスワード設定や暗号化処理を施し、施錠できる場所に保管して下さい。
  • データ化した情報をパソコン内で保存する場合は、パスワード設定や暗号化処理を施したうえで、パソコン自体を施錠できる場所で保管するなどの盗難防止措置を施して下さい。
  • クレジットカード情報(加盟店控え等)の保管場所は、決められた場所に限定して下さい。
  • データを保存しているパソコンのセキュリティ状態を最新化し、ファイル交換ソフトを使用しないで下さい。

2.クレジットカード情報を消去・廃棄する際の留意点

  • 不要となったデータは、適切かつ速やかに消去または廃棄して下さい。
  • 外部記録媒体を廃棄する際は、データを消去したうえでシュレッダー、焼却、破壊、溶解などを行って下さい。

3.クレジットカード情報を外部へ委託する際の留意点

  • 情報の授受・保管・廃棄を外部へ委託する場合は、以下の点に留意し、委託先における個人情報の管理体制の監督を行って下さい。
    1. (1)必ず委託契約書を締結し、契約書には予め合意した以下の内容を含めて下さい。
      • ①委託者、受託者双方が同意したクレジットカード情報の取扱(授受・保管・廃棄等)に関する必要かつ
        適切な安全管理措置
      • ②契約内容の遂行状況を確認する方法(確認サイクル・手段)
    2. (2)契約内容の遂行状況について予め定めた方法で実際の確認を行って下さい。
  • 委託先などと、情報の授受を行う際は、いつ、どこで、どのくらいの数量を、どのような手段で、誰によって授受
    されているかを把握して下さい。

「端末」の取り扱いについて 

カード取り扱い端末については、カード会社が貸与しているものです。解約時には必ずカード会社へご返却ください。 

加盟店規約の確認について

加盟店契約を締結した際は必ず規約を確認し、正しくカードを取り扱いいただきますようお願い申し上げます。 

COPYRIGHT(C) JAPAN CREDIT CARD ASSOCIATION. ALL RIGHT RESERVED.