日本クレジットカード協会(Japan Credit Card Association)は
クレジットカード社会の健全な発展を目的に、銀行系クレジットカード会社によって設立された協会です

協会の概要消費者の皆様へクレジットカード取扱加盟店の皆様へクレジットカード会社の皆様へ地球にいいこと、Web明細。「安心」「スマート」リボ払いクレジットカード情報の保護(流出防止)について
トップページ / 消費者の皆様へ / 不正使用を防止するために
消費者の皆様へ 消費者の皆様へ
不正使用を防止するために
インターネットでのカードご利用の際のご注意

インターネット取引がより身近になり、ご利用されている方も増えてきております。それにともないさまざまなトラブルも起きております。

インターネット上でクレジットカード番号や個人情報を入力される際には次の点にご留意ください。

ご利用のサイトのセキュリティをご確認ください。

SSL (Secure Sockets Layer)

クレジットカード番号やその他個人情報漏えい防止のため、情報の入力送信の前に、利用されるサイトが「SSL」の暗号化技術を採用しているかをご確認ください。SSLを採用しているホームページでは、ブラウザの上部もしくは下部にセキュリティ安全を示す錠前または鍵のマークが表示され、URLが「https://」に変わります(鍵マークが表示されていなくてもSSLに対応している場合もあります)。

本人認証システム

また、より安全にお取引いただくため、本人認証システムの導入が拡大してきております。

SSL
送信情報を暗号化することによりインターネット上で情報が盗み見られることを防ぐ高度なセキュリティ技術で、現在最も普及しています。Netscape Navigatorか、MicrosoftInternetExplorerでSSL通信が利用できます。

本人認証システム
インターネット上でクレジット決済を行うために、VISA(Verified by Visa)、 MasterCard(MasterCard SecureCode)、JCB(J/Secure)が推奨している本人認証のためのセキュリティシステムです。お客様がインターネット上でお買い物等をされる際、クレジットカード番号等の入力に加えて、お客様が事前にご所属のクレジットカード会社のホームページ上で登録したID・パスワードを入力いただくことにより、本人認証を行い「なりすまし」等の不正取引を防ぐことができます。 詳しくは各社ホームページをご覧下さい。

個人情報をEメールで通知することは避けましょう。

カード番号等の個人情報をEメールで送信するのはセキュリティ上危険です。カード番号等の入力はセキュリティが確認された画面で行ってください。カード番号をインターネットで送信するのが不安な場合は、電話やFAXで受付ける先もありますのでご確認ください。

カード番号の入力は、そのまま契約となる場合があります。

カード番号を入力することは、「お客様が契約内容を承認しサービス提供会社と契約をした」とみなされ、お客様に支払責任が生じる場合もあります。契約内容は必ず確認し、納得したうえでカード番号を入力してください。

また、利用されるサイトのセキュリティ環境を必ずご確認ください。

契約・サービス内容は必ず事前にご確認ください。

「思ってもみなかった請求が来た」などのトラブルも多く発生しています。契約・サービス内容は必ず事前にご確認ください。以下が最近のトラブルの例です。

  • 「お試し期間・無料」の表示があったが、無料は最初の1ヶ月間だけで、翌月から継続的に請求が来る。
  • 1度だけサービスの提供を受けるつもりでいたが、毎月継続的に請求が来る。
  • 理解していた料金は月の基本料金であり、それとは別に使用料なるものも請求される。
  • 予想以上の高額な請求が来る。
  • 国内サイトから国際電話で海外サイトにアクセスさせ国際電話料金が請求される。
  • 特に、受け取った商品に問題が合った場合の返却等の条件が記載されているかどうかご確認ください。
  • 海外のサイトには、マルチまがいの商法やねずみ講まがいの取引も増えてます。危険なサイトにはアクセスしないことをおすすめします。

契約先のURL・メールアドレスは必ず控えてください。

契約を解約したいが連絡先が分からないなどの後のトラブルを避けるためにも契約先のURL・メールアドレスは必ずお控えください。
できれば、契約内容も含めプリントアウトされることをお薦めします。

契約先との解約、サービス内容に関するご照会はお客様ご自身で直接サービス提供会社へお問い合わせいただく必要があります。

お客様のご契約に関してカード会社がお客様に代わって解約したり、あるいは請求内容の訂正等をすることはできません。またサービス内容につきましてもお客様ご自身でご照会をしていただく必要がございますのでご留意願います。

海外の「宝くじ、ギャンブル」ご購入や「バイナリーオプション取引」にはご注意ください!

最近、インターネットやDM等で、海外で実施されている「宝くじや馬券、スポーツ勝敗予想などのギャンブル」の案内が見受けられ、またこれらの「宝くじやギャンブル」をクレジットカードで簡単に予約、購入できる場合があります。
しかしながら、国内で正式に許認可を得ていない団体等が販売する「宝くじやギャンブル」の購入は、法律で禁止されています。たとえ海外で何らかの認定を受けている団体等が主催する「宝くじギャンブル」であっても、法律違反となります。
したがって、上記の「宝くじやギャンブル」に対する国内からのインターネットやDM等での申し込みは法律違反となり、申し込んだ方も罰せられますので、十分ご注意ください。

また、「バイナリーオプション取引」に関しても同様なことが言えます。
「バイナリーオプション取引」とは相場等が上がるか下がるかのみを予測するもので、1回の取引では損失してもその額は限定的ですが、短期間に繰り返し利用した場合、損失額が大きくなるおそれがあります。特に海外の無登録業者ではクレジットカードで購入できる場合があり、「出金を求めても応じてもらえない」等のトラブルが多発しています。バイナリーオプション取引はリスクの高い取引であることを理解し、無登録の業者との契約は行わないようにしましょう。

COPYRIGHT(C) JAPAN CREDIT CARD ASSOCIATION. ALL RIGHT RESERVED.