日本クレジットカード協会(Japan Credit Card Association)は
クレジットカード社会の健全な発展を目的に、銀行系クレジットカード会社によって設立された協会です

協会の概要消費者の皆様へクレジットカード取扱加盟店の皆様へクレジットカード会社の皆様へ地球にいいこと、Web明細。「安心」「スマート」リボ払いクレジットカード情報の保護(流出防止)について
トップページ / 消費者の皆様へ / クレジットカードの基礎知識
消費者の皆様へ 消費者の皆様へ
クレジットカードの基礎知識
クレジットカードの基礎知識

カードの歴史

生まれは1950年。

財布を忘れたのがきっかけでした。

アメリカはニューヨークでの出来事。ある実業家がレストランで食事をし、いざ支払いをしようとした時に財布を忘れてきたことに気づきました。
このことがきっかけとなり、彼は現金を持ち歩かなくても食事のできるシステムを考えだし、1950年に世界初のクレジットカード会社を設立しました。

そして10年後に日本へ上陸しました。

アメリカでクレジットカードが誕生してから10年後、昭和35年(1960年)12月にアメリカのクレジットカード会社と日本の銀行などの提携により日本初のクレジットカード会社が設立されました。
さらに昭和36年から、銀行系クレジットカード会社が相次いで誕生しています。

クレジットについて

クレジットカード会社とあなたの間に契約が結ばれています。

クレジット、それは信用です。

Creditを日本語に訳すと信用(名詞)、信用する(動詞)などになります。
クレジットカードのクレジットとはまさにこの信用のことで、本来は利用者の信用に基づいた信用供与を意味しています。
この信用を基に、利用者とカード会社の間に契約が結ばれ、買物や食事ができるようになっています。
クレジットカードを利用することは『カード会社から一定期間、信用を供与されている』ことですので、日本国内でも海外でもルールをしっかり守って管理するようにしましょう。

カードの仕組み

ご利用者の信用を基にクレジットカード会社は、
ショッピングなどをしたお店(加盟店)にその代金を利用者(カード会員)に代わって支払います。
これが現在一般的に行われているクレジットカードによる商品の購入・サービスの利用から、
代金の支払いまでの仕組みです。

現在一般的に行なわれているクレジットカードによる商品の購入・サービスの利用から
代金の支払いまでの仕組みは上の図のようになります。

  1. 商品・サービスの提供
  2. カードの提示・端末機へ暗証番号を入力(売上票にサイン)
  3. 売上票送付(売上データ伝送)
  4. 売上代金支払
  5. 利用代金明細書送付
  6. 利用代金支払
    ※利用代金の支払いは、お届けいただいた金融機関の決済口座から自動引き落としにより行なわれます。

カードの便利さ

ショッピングにキャッシングに便利。

クレジットカード一枚でたのしみバラエティー。

クレジットカードの魅力は、現金を持ち歩かなくてもカードを提示して売上票にサイン(もしくは端末機へ暗証番号を入力)するだけでショッピングをはじめ、ホテルやレストランなどの利用、各種の優待利用といったサービスが受けられることにあります。

ショッピングにキャッシングに便利。

クレジットカードには、キャッシングサービスやローンサービスもあり、一定額の融資が受けられるなど、さまざまなニーズにお応えしています。また国内だけでなく、海外においても便利な各種サービスが受けられます。
貸金業法の改正により、キャッシングの利用方法が変更となります。
またお支払い方法によって所定の手数料がかかる場合がありますので、 詳しくは、カード会社にご相談ください。

もう1枚のパスポート・本人確認機能の役割も果たすクレジットカード。

クレジットカードは本人確認の役割も果たしますので、特に海外で威力を発揮します。例えばホテルのチェックインやチェックアウト時に、またレンタカーを借りる時などに本人であることを証明する役割を果たすのがクレジットカードです。
クレジットカードの申込時等において、犯罪収益移転防止法の定めに運転免許証やパスポート、健康保険証等の公的書類をもってお客様の氏名、住所、生年月日を確認しています。

CATでスピーディー&サービスアップ

CAT(CREDIT AUTHORIZATION TERMINAL)とは、加盟店に設置されたクレジットカード取扱の為の端末機のことで、カード会社のコンピュータとオンラインで結ばれ、無効カードのチェックや販売承認等を自動的に瞬時に行ないます。カードご利用の際、スピーディーな対応ができます。

計画的なご利用ご返済

自分に合ったお支払いが選べます。

計画的なお支払いができます。

クレジットカードのご利用代金の支払方法には、「1回払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」「リボルビング払い」「分割払い(3回以上)」があります。 ご利用の際には、ご自分に合った方法を上手に選んで、計画的に。

リボルビング払いについて。

リボルビング払いとは限度額内であればご利用額や購入した商品数にかかわらず、あらかじめ定めた一定の額(定額)、又は一定の率(定率)で代金を毎月支払う方法です。毎月のお支払額が平準化(ボーナス時には増額も可能)されますから、無理のない計画的なお支払いが可能となります。お支払方式は定額方式と定率方式、残高スライド定額リボルビング方式の3タイプがあり、カード会社によって方式が違います。
⇒リボルビング払いの詳しい説明はこちら

リボルビング払いご利用時の注意。

ご利用残高により手数料及び月々のお支払い額が決まりますので、会員規約や利用代金明細書などをよくお読みください。

分割払い(3回以上)について。

ご利用金額をご希望の回数に均等分割してお支払いいただく方法です。お支払い回数は3・5・6・10・12・15・18・20・24回と多数ご用意しています。お支払い額は初回から最終回まで元金と手数料の合計がほぼ一定となります。 ※返済方法などはお持ちのクレジットカードにより異なる場合があります。

分割払いご利用時の注意。

お支払い回数により手数料(実質年率)が異なりますので、会員規約や利用代金明細書などをよくお読みください。

支払停止の抗弁について。

分割払い(3回以上)、2回払い、ボーナス払いで商品を購入して、その商品に破損、欠陥、商品の違いや引き渡しが行われなかったなどのトラブルが起きた場合には、交換・修理や引き渡しなどを加盟店に申し出いただき、カード会社までご連絡ください。そのトラブルが解消されるまでカード会社への支払いを停止することができ、これを「抗弁権の接続」といいます。

COPYRIGHT(C) JAPAN CREDIT CARD ASSOCIATION. ALL RIGHT RESERVED.