JCCA 日本クレジットカード協会

日本クレジットカード協会(Japan Credit Card Association)は
クレジットカード社会の健全な発展を目的に、銀行系クレジットカード会社によって設立された協会です

トップサイトマップ
文字サイズの変更
小
中
大
協会の概要消費者の皆様へクレジットカード取扱加盟店の皆様へクレジットカード会社の皆様へ地球にいいこと、Web明細。「安心」「スマート」リボ払いクレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画
トップページ / クレジットカード会社の皆様へ / IC端末共同利用システムについて
クレジットカード会社の皆様へ
クレジットカード会社の皆様へ
IC端末共同利用システムについて

日本クレジットカード協会(JCCA)では、平成15年6月に「IC端末共同利用システム運用規則」を策定しました。

IC端末共同利用システムとは

IC取引に係る公共的なインフラ整備の根幹をなすICカード発行枚数とIC端末設置台数の増進を図り、もって、わが国におけるIC取引の安定的かつ円滑な取引を促すことに寄与、貢献することを目的に制定されたシステムです。

(注)
IC端末共同利用システムの登録申請資格は、ICカードを既に発行または近い将来発行を予定している、あるいはICカード対応端末を既に設置または近い将来設置を予定している、自らクレジットカード事業を行う日本の法人若しくは団体または日本国内に支店等の登記がなされている海外法人となります。

IC端末共同利用システムの概要

  1. 登録申請手続き
    本システムへ登録を希望する法人又は団体は、JCCA所定の「登録申請書」により、JCCAのCATS事務局を通じ、JCCAに対し登録申請をするものとします。
    (別途、審査手続を経て本システムの登録者として適格と認められた場合に、本システムに登録することができます。)
  2. 費用
    本システムへ登録したもの(以下「登録者」)はJCCAに対し、本システムの運用費用として所定の維持運営費、及びJCCAが必要に応じて随時、指定するその他の費用を、CATS事務局を通じ、JCCAに支払うものとします。
  3. 端末の設置・開放
    登録者は、IC端末の設置拡大に積極的に努めなければなりません。また登録者は、設置したIC端末を本システムの他の登録者全員に開放し、本システムの全加入者間で相互に利用するものとします。
  4. CAT共同利用システムとの関係
    CAT共同利用システム及び同システムに基づくカード会社の地位、権利義務には一切関係しません。但しIC端末を設置するカード会社は、IC端末共同利用システムがCAT共同利用システムを基本的前提として構築されたシステムである為、原則としてCAT共同利用システムにも参加するものとします。

その他

詳細につきましては、下記までお問い合わせ下さい。

IC端末共同利用システムについて
JCCA CATS事務局
〒105-0004 東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル1階
電 話:03−6738−6631  F A X:03−6738−6629